企業の進出、登竜門化した現在について

1996年の夏以降、このコミックマーケットの会場は東京ビッグサイトになりました。
毎年この夏と冬の期間は、有明において同人誌オタク、またコスプレイヤー達で埋まる事が多くなっていました。
エヴァンゲリオンやセーラームーンなどの同人誌やコミックマーケットの人気は、
1990年代の後半より2000年代において「萌え」人気のきっかけとなりました。
当然とたくさんのエッチ同人誌も作成され、それらは男性達から支持を得ていました。
そして二次物の創作については性的描写、また著作権問題などもまだありますが、
東京のメル友を作りたい方はこちらへと会場が移転した後は、「企業もの」が主流になり、
その状態も変化してきています。要するに「アマチュア達のイベント」ではなくなり、
そして権利の問題をパスしてしまう様に、この大きなイベントはかなりの衝撃だったのかもしれません。
また現実に企業の方もそれなりの効果を認知しており、その参加者達も人気の商品を購入する為に行列に並んだりしました。
このコミックマーケットと言うのをオタク祭りだけで終わらせない、と言うとても大きな意味があったのかもしれません。
そしてこの同人誌と言うのは書籍のみならずソフトの方まで広がっていき、
その様な作品自体にプロダクション側がゲームやアニメ化して行き、または同人誌の作家達がデビューしたり、
また同人誌のサークルがそのまま商業化していきました。これはオタクものと言う役割を担っていたのかもしれませんね。
原点である「自に表現する場」、また「迷宮」や「COM」などの精神をそのまま引き継いでいるのでしょう。

関連記事

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ